共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 続鶯系図(3) 板倉靹音
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年1月5日

続鶯系図(3) 板倉靹音

 士族山ノ内某という人があった。この人は鶯仲間から言えばずぶの素人であったが、吉野町の鳥に付け子に通って、そのうちの一羽がものになった。ものになったというのは中・高・下げの三種の鳴き方を覚えたということである。しかし親鳥のきずをそのままに取って中音アタリがあったので、聞く人はこれを惜しんで、うんと声を張らせてみてはどうかと言った。急に声を張らせると大抵は下げが飛んでしまうので、玄人は中音のきずくらいはがまんしても下げを大切にして思い切った処置にはなかなか出ないものである。山ノ内某は盲蛇におじずで、言われるままに夜飼いの時間をのばし、明るい所へ出してじゃんじゃん鳴かせた。すると、中音あたりが殆んどなくなったばかりか、素晴しい下げを鳴き出した。鶯の生命は何といっても下げにある。ホッ・ホッ・ホッ・ホッ・ホッ・ホケッとフクリンの前に、出だしの細いキイーヨを長く引いた山下げの美事さ、みんな驚いた。これが大変な評判になった。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る