共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 心のかよいあい(4) 堀 要
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年1月20日

心のかよいあい(4) 堀 要

 詩は、言葉をこえた言葉での心のかよい路に、美は、かたちをこえたかたちでの心のかよい路に、そして音楽は音をこえた音での心のかよい路にあって、この生きて在る人間を、永遠の方向に吸引しているようである。
 昔、私は一人の青年詩人の担当医であったことがある。彼の生身は精神分裂症に罹っていたけれど、詩は失っていなかった。ある時、精神病棟の中庭で、ラジオの野球放送にくい入るようにきき入っていた。私は「野球、おもしろいですか」ときいた。彼は精神分裂症の故に、彼の自我は、家庭生活に於いても、社会生活に於いても、又病室内生活に於いても、世界から疎外せられていたのである。彼には世界が現実感を失い、自我消滅の不安感が時々彼をおびやかし興奮させていたのである。その彼が、静かに私に答えた。
 「いいえ、浮世と接触しているのがうれしいのです。」と、私には彼の心がわかるように思われた。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る