共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 失われた自然(3)-近ごろ感じてゐること- 亀井勝一郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年1月27日

失われた自然(3)-近ごろ感じてゐること- 亀井勝一郎

 私たちはこの辺で、もう一度「自然へ帰れ」といふ言葉を思ひ出してもよささうである。それは外的な自然だけでなく、心の自然への復帰でもなければなるまい。たとへば文学、絵画、彫刻、映画など、すべてにわたつて、突飛なもの、異常なもの、誇大なものの追究が目だちすぎる。何もかもひどくゆがんでゐると言へないだらうか。平常のあたりまへのことでは、もはや関心をひくことが出来なくなつたのか。
 人の注意をひくために、一種の刺激物をまきちらしてゐるやうなもので、それは次第に度をつよめ、遂には中毒症状を呈するところまで行くだらう。換言すれば、私たちはひどく鈍感な人間になりつゝあるといふことだ。都市美とか自然美についても、人の心についても、すべて異常な変形によつて感覚を刺戟されなければ反応を呈しなくなつたとすれば、あきらかに精神の衰弱、鈍化現象と言つてよい。
 私たちはもつと平凡に、そして自然の状態とは何かを、日常的に考へる必要がある。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る