共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 随筆二題(5) 斎藤玉男
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年2月3日

随筆二題(5) 斎藤玉男

 ルーカス・クラナッハのヌード像と歌麿のそれ

 いずれも一面を道破しているとは言える。併し作品の生成にはいつもその時代の背景と個人の環境とを併せ考えるのでなければ、思いやりのある批判には到達し難い。この場合、時代は中世から脱皮したばかりであり、筆者は宮廷画家である。これらの事情を考慮すれば、これらの作品はフォルムロースと評するよりは、よくもこれまでフォルムリッヒカイトから脱出し得たと言うべきであろう。セルヴォスがその著「ルーカス・クラナッハ=アンシアンの裸婦」で彼の名作品「パリスの審判」(1530)について「自然発生的の動き」と言っているのは、適切に在来の裸婦像との相違点に触れているといえる。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る