共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 汽車二題(3) 山口誓子
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年2月13日

汽車二題(3) 山口誓子

1.丸山薫の詩

 こないだ丸山薫氏の詩集を読んでゐて、汽車を詠つたいい詩にぶつかつた。詩の題は「鴉群」

  汽車に乗るとき
  私はよく最後尾の客車をえらぶ
  そこの うしろ向きのシートに坐っていると
  レールがいっさんに駈け去るのが見えるからだ
  現在が 刻々 過去に絞られてゆく
  やがて喪失のかなたに畳まれる
  それを眺めるのが嬉しいからだ
  ・・・・・・・・・・・・
  疾走する長距離電車
  その最前方に立つことがある
  すると 遠く曖昧な物が形になり始める
  未来は間断なく現在に近付き
  新しい未来が未知の重なりの中からほぐれてくる
  それを経験するのがまた堪らないのだ

 丸山氏は最後尾の車両から「現在が刻々過去に絞られてゆく」のを見た。又最先頭の車両から「未来は間断なく現在に追い付」くのを見た。
 さう詠はれると確かにさうだ。詩人はいいことを云ふなあ、詩人の眼は上等だなあ、私はつくづくさう思つた。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る