共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 食もの(4) 中川一政
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年2月21日

食もの(4) 中川一政

 それは兎も角、食べるのはブラジル人だけかと思ったが、パリ人もよく食べる。違うのは、実に楽しみながら食べることである。私は酒を呑まないから料理を語る資格はない。何の料理には何の酒がよい等という配慮は知らない。しかし、うまい、まずいということはある。
 私は外国へ行きたいが、食物のことを思うと気が重い。そこで同年輩の頭取に経験を聞いてみた。そうしたら「何でも少し食べていればよい」と答えた。
 年輩が同じということは矢張り同じ事を考えているものだ。
 私も胃を疲れさすからいけないのだと思う。日本でも若いものはよく食べる。自分の若い頃の事は忘れて、そう思うのだけれど。胃も亦、若くはつらつとしているのだ。
 私は此頃、宴会へあまり出たがらない。それは食べることが過剰になる。
栄養とかカロリーとか私は考えない。私はあまり食べなくなってから、かえって元気である。自分のコンディションがわかって来たのだろう。
 ボクシングの選手もそう云う事を云う。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る