共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(5) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年3月8日

現代文明と精神座談会(5) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

尾崎 辻村さんは学校の先生やってられましたけれども、アルプスに行って落っこちてイタリー人に助けてもらった。娘さんに、非常によく親切に看護してもらって、感激して、結婚して日本につれてきたんです。そしたら大正十二年の大震災に……箱根の湯本に別荘がありましてそこへ行ってたんです。山崩れで家族ぐるみ全部だめになっちゃった。
荻野 ほう、そういう山では死に甲斐がありませんね。
尾崎 あれがそうですね、猪谷六合雄って人が。これは山かスキーかですね。宿屋の主人かなんかですけれども、宿屋なんかおっぽり出していまでもしょっちゅう滑ってますね。
島崎 千春のおやじさんね。私、息子がこの春早稲田をうかったら大よろこびで、合格の翌日キスリングしょって、二週間も帰ってこなかった。どろどろになって帰ってきましたら、そんな話をしてましたっけ。「宿のおやじがえらくうまいのがいた、あれが千春のおやじだって」ああいう人は下界では暮せない、ほんとうの山男ですね。
尾崎 志賀先生の「焚火」という小説に猪谷さんの話が出て来ますね。Kと書いてある……。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る