共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(18) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年3月30日

現代文明と精神座談会(18) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

島崎 たとえば、ちょっとはずれますけども、草間弥生という、高名な抽象画家がおりまして、もと松本のいい家のお嬢さんなんです。この人は病的な素質がありまして、なにも自分のコンポジションを考えないで、こういうものを書いてやろうという考えなしに書いたものが、おのずからすばらしい抽象画になっている。それが発見されまして、いちばんはじめは式場さんあたりが発掘したんだと思うのですが、東京で個展をやりましてね。しかし、私は彼女に会いましたけれども「どうも自分の病的なものを売り物にされているようで、私はいやです」と言っていました。そのうちに病的なものがはずされちゃって、モダンアートの、ほんとうの芸術家として認められまして、アメリカに渡って、むこうで画商がついて、たいへんな財産家になって、もう日本に帰って来ないと言っています。むこうで草間弥生というとたいへんに有名で、高名な抽象画家らしいです。
丸山 そういうのは抽象画をやろうということでやったんですか。人目を惹こうという気はないんですね。
荻野 ほんものでしょう。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る