共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(21) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年4月3日

現代文明と精神座談会(21) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

丸山 室生さん、よく言ったですよ。小説のことを聞くと、「君らうるさいことを聞くけれども、ぼくが小説書くということは、この細胞にあるんだ」と言うんです。それじゃ話にならないけれどもそいつをこういうふうに考えたらどうですか。おれはこれだけのことしかできないんだと、ギリギリのところを書けば、それを通せば、その人はりっぱだったということになりますね。
島崎 中勘助さんがそうですね。
丸山 ああ書かなければならない、こう書かなければならないと迷う人がいますね。私なんかもそうですが、そういうのは自分のなかのものが薄弱だと思う。
尾崎 だから、ほんとうに偉いと思う人は、自分勝手なことしかやっていませんよ。例はいくらでもありますよ。志賀さんだってそうですよ、書きたくなければ書きませんし、さっき言った滝井さんだってやっぱりそうでしたでしょう。だからぼく、横光という人ね、どうも信用できない。昔から、生きているうちから信用してない。自分でそう言っているもの、「こっちに行けばたれがいる、あっちに行けば白樺派がある。おれはどっちに行ったらいいんだ」そういうふうな考えでやっているところがありました。そこへいくと川端さんの方が勝手ですよ。自分勝手にやっている。それで変らないんですよ、昔と…。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る