共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(30) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年4月14日

現代文明と精神座談会(30) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

荻野 もう一つ、東京の交叉点は、視覚でね、目が、こう来るでしょう。それで気持ち悪くなる人がある。
丸山 昔と違いますよ。昔はいい空気のなかにガソリンがあった。
尾崎 アクセサリーみたいなのがあったんですよ。今はとんでもない。
島崎 しかし、ぼくは銀座あたりでも、アルコールが少し入るとなんでもなくなって、自動車なにするものぞと思って、悠々と通るんです。そうするとむこうで止ってくれますね。だから心理的な、戦争みたいなものです。こっちが悠然と出ると、むこうが気圧されて……。
尾崎 私なんかその方ですよ。たまに学校に行っている子どもと落ち合って一緒に歩くことがあるんですが、年寄りだと思って腕を抱えたりするんですが、こっちは「うるさい」と言って、(笑)勇敢に突っ切ってやるんです。
丸山 萩原朔太郎さんね、あの人は横断できない人で、私のここにつかまっちゃうんです、両腕で。ちょうど盲が妙な歩き方をするでしょう。「先生、そう慌てなくてもいいですよ、必ず空く時があるんだから、その時にゆっくり歩けばいいですよ」と言っても絶対駄目、恐怖で。若い人につかまらないと駄目なんです。私がふだんの歩調で歩いていても、先生はこうです。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る