共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(33) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年4月19日

現代文明と精神座談会(33) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

尾崎 谷崎さんなんか、四十八くらいの時から、「もう駄目です、先がない」なんて、しょっちゅう言っていましたが。心臓でひっくり返って・・・・。しかしもう七十越している。(笑)だからまったく臆病過ぎると思っているんですがね。
丸山 そういった恐怖観念、こういうのは近代文明が発達しない時もあったんですか。たとえば旅行する時に、汽車に乗らずに、せいぜい駕籠で行く、そういう時でもあったんでしょうか。
島崎 理由のない恐怖というのは、洞窟時代の人間からあったんじゃないかと思います。たとえば暗がりのこわさとか
尾崎 谷崎さんがそうなんですよ。夜電気を消すと寝られないんですよ。これにははっきりした理由があるんですよね。あの人はどこかで苦学した時、電気会社の夜勤になったんです。パッと消えると故障だから、なんとかしなくちゃいけない。それが癖になったんじゃないかと思うんだ。
島崎 それはおもしろい。
荻野 おもしろいですね。それは精神病学の教科書にありそうですね。
尾崎 だからこの年になっても消しては寝られない。職務にまじめな人ですからね。消えたらいくら寝ていても飛び起きて・・・・。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る