共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(39) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年4月28日

現代文明と精神座談会(39) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

島崎 顕微鏡の下の微生物を見ましても、地面でもみじの木の下で蟻が巣をつくっているのを見ましても、人間が一番でき損ないの生物じゃないか、人間は間違ってつくられちゃったんじゃないかと思うんです。だから造物主というのはうまくないと思う。ほかの生物の方がうまくやっている。摂理にうまく合って、滅びる時に滅び、生きる時に生きて、連綿と続いているでしょう。ヘラクレスが女の子のところに行かずにいてくれたらいいんですが……。
丸山 植物はいちばん完全な生き方をしているということを言うが、完全というのはどういう意味ですか。
荻野 最も合理的なという意味も含まれているんじゃないでしょうか。
尾崎 えんどうの花に、蜂が蜜を取りに入って行くのをよく見たことがあるんですが、あの豆科の花というのはうまくできていますね。蜂が入って行きますと背中に花粉がつくようになっている。それでこうやって入って行く。モソモソやって蜜を吸って出ちゃうでしょう。そうすると閉っちゃうんです。あと入れないんです、別のやつは。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る