共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(43) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年5月9日

現代文明と精神座談会(43) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

島崎 ぼくはドイツの女の人の前で、アウシュヴィッツのことをうっかり聞いたんです
斎藤 ぼくもちょっとそれを聞いたんです。
荻野 なんと言いました。
島崎 「われわれすべてが責任を感じている」と言うんです。日本人なんかはニャニヤ笑って、「東条が・・・・」と言っちゃうんですけれども、厳粛ですね、さすがですね。
荻野 ここにもドイツ人が教えに来るんですが、ぼくもうっかり話したのですが、黙っておりました。この人は東ドイツから逃げて来た人なんです。それで西ベルリンに帰ったのですが、なんにも言わなかった。批判しないんですね、黙っていた。
島崎 ドイツではタブーになっているらしいです。たいへんなことらしいですね。
荻野 なんにも言わなかった。それで話題をすぐ変えちゃったんです。「アウシュヴィッツ」と、一つだけ言ったのですが、いいとも、悪いとも、なんにも。
島崎 断言しましたよ、「アルレス・シュルリッヒ」(みんなの責任)と。
荻野 そういう意味も含まれることになるんですかね。
斎藤 聞いた人も、聞かれた人もそういうことがある。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る