共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代文明と精神座談会(47) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年5月15日

現代文明と精神座談会(47) 出席者:尾崎一雄/荻野彰久/斎藤玉男/島崎敏樹/丸山薫

丸山 ある外人ですが、いま生きている、有名な人でもなんでもないのですけれども「どこの国でも若干の悪い人がいる」サムという言葉を使いましたがね。若干の悪い人がいるということは支配者だ、その国々の……。結局私は、支配者になったらいずれもそういうふうになると思うのです。なってゆくんですね。
尾崎 はじめよくても・・・・。
丸山 結局一国なり、ある一つのブロックの利益を考えてゆきますから、他の国なり、他のブロックのものと争う。いずれもそういうふうになるんじゃないですか。民衆の、私たちの権力心や野心を蹂躝してゆく。ところがそういう人たちはやはり民衆の代表者でしょう。だから民衆の持っているものがいちばん尖端のものになってゆくと、そういうふうになってゆくんじゃないですか。民衆の意識とは別だけれども……。
尾崎 芽は持っていますね、皆。都合の悪い芽でも、それをなんとか押えるという方法は考えるべきじゃないでしょうか。自分たちをどうにかしなければならないんですから。
丸山 それはそうですね。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る