共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 脊椎動物の進化(8) 徳力幹彦
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年6月7日

脊椎動物の進化(8) 徳力幹彦

 より早く走るためには、地面に接地している肢の足底圧を高めなければなりません。雪や氷の上では、足底圧が低いために、滑ってしまって早く走ることができないのです。爬虫類は、先祖の魚類の名残である、長い尾を持っていたために、体の重心は後方に移動しており、現在もそうです。従って、後肢の着地時には高い足底圧がかかるのですが、前肢の着地時には、重心が後方に位置しているために、高い足底圧をかけることができません。従って、大きい推進力を出すことができないのです。そこで、爬虫類の中から、前肢を空中に保持し続けて、後肢だけの2足歩行により、歩行速度を速歩よりも高めようとする爬虫類が現れたと、私は考えています。これが、恐竜で、最初の2足歩行の脊椎動物です。このような2足歩行の爬虫類は、身体の重心が後肢の足底面上に来るように、長い尾の重さに対応する頭頚部の長さと重さを作ったと、私は考えています。そして、三畳紀初期の空気中の酸素濃度の低下に対応して、気嚢を作り、酸素吸入能力を上げました。現存する鳥類は恐竜の直接の子孫ですが、気嚢により、飛行中の効果的な酸素吸入を維持しています。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る