共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 脊椎動物の進化(11) 徳力幹彦
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年6月12日

脊椎動物の進化(11) 徳力幹彦

 さらに、この考え方の延長線上では、地上の生存競争に敗れ、樹木上に追いやられた霊長目が、これまでの主として2次元の世界の移動ではなく、3次元の世界の移動に追いやられた結果、恐ろしく複雑な神経制御を必要として、大脳と小脳がさらに一段と発達したと考えることができます。この樹上の生存競争から追い出されて2次元の世界に戻ってきた人類の祖先は、恐竜の2足歩行とは異なる、直立2足歩行という難しい歩法に挑戦したので、大脳と小脳が大きくなったと考えられます。ここまでは、歩行の進化と大脳・小脳の進化を結びつけて考えることができます。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る