共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 名古屋口の由来(5)―続々鴬系図― 板倉靹音
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年7月11日

名古屋口の由来(5)―続々鴬系図― 板倉靹音

 差し向けられた俥で出かけてみると、宿の入口の両側には女中が居並び、羽織袴に威儀を正した昨日の老人が玄関に平伏して迎えた。鴬のためにはすべてを投げうって悔いなかったとはいえ、古びた木綿縞の着物の着流しのわが身を顧みて、この時ばかりは顔が赤くなったと浅井氏は述懐している。さて、りっぱな部屋に通されて待つほどもなく、隣室から声がきこえてきた。さすがに老人が一世一代、いや門司はじまって以来の名鳥と自負しただけあって、その鳴きの気品の高さ、思わず頭がさがった。
 その鳴き方は
 中音 ホー。ホケキコ。
 高音 ヒー。ホケキコ。
 下げ ホ。ホ。ホ。ホケコ。キイーコ。
つまり、今日「長崎口」といわれるものであった。
さて、そこで、先年知多の船頭が持ってきた鳥は、この長崎口の出来そこないではなかろうか。――と、これは後年、浅井老が梅田孝之氏に語ったところである。つまり、下げのホケコの「コ」が脱落し、止めの「コ」をいずれも「ヨ」に訛ったものであろうというのである。筆者はこの話を東杉町のお宅で梅田さんから聞いた。

 付記。この話は同じ題でかつて毎日新聞紙上に発表したものだが、意に満たぬ点があって、ここに改めて書き直した。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る