共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 山旅のたのしさ(1) 熊沢復六
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年7月26日

山旅のたのしさ(1) 熊沢復六

 本誌第七号の座談会記事には、山の話があって、山ずきな私には、とてもおもしろかった。夏山は、混雑するのと、登山者の傍若無人ぶりに腹がたつのとで、ここ数年来、もっぱら敬遠しているが、新緑の訪れ、紅葉の便りをきくと、もうじっとしていられないので、金と時間の無理をしてでも、山へ飛んでいくのである。山へはいることは、言わば病気のようなもので、この誘惑にはどうしても勝つことができない。
 しかし、年とともに気力と体力の衰えは、どうしようもなく、淋しい気がしないではいられない。六十の声をきいてから、この衰えは、眼に見えて大きくなった。それは、まず足から近づいてくる。そしてだんだん気力へとうつっていく。私は、それを去年の秋の山旅で、いやというほど感じさせられた。だが、そのかわり、若いころのように、ひたすら高いところをめざす山のぼりのよろこびのほかに、別なたのしみがあることに気がつくようになった。だから、気力と体力の衰えに反比例して、山旅への情熱は、いっそうつよくなるのだから始末がわるい。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る