共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 山旅のたのしさ(2) 熊沢復六
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年7月27日

山旅のたのしさ(2) 熊沢復六

 去年の秋は、末の娘が結婚するので、その思い出にと、二人で妙高から笹ケ峯、さらに戸隠とまわってきた。実は、四、五年前に見た火打の紅葉の美しさが、今でも眼底にしみついているからであった。しかし、去年は、きびしい寒さが早くきたせいか、どこの紅葉も期待ほどではなかった。
 戸隠から帰ると、すぐその足で大杉谷にはいった。一昨年の秋、ここで見た紅葉の美しさが忘れられず、もしやここなら、という期待もあったからだ。しかし、ここも一昨年ほどのあざやかさはなかった。実際、一昨年、大杉谷周辺の山々を、濃紅、紅、赤、朱、黄、樺色に彩った色彩の交響楽は、まことこの世のものとも思われない美しさだった。色彩が豊かで、澄みきっている点で、こんなにみごとな紅葉は、どこでも見たことがない。黒部や、十和田湖の秋は知らないが、日光、白根、火打、双六谷など、名だたる紅葉の名所も、大杉谷のそれにくらべたら、ものの数ではない。それが、昨秋は、夢よ、もういちどというわけにはいかなかった。紅葉というものは、よほど気候に敏感であるらしい。そのかわり、いくつかの思わぬ収穫があった。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る