共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 山旅のたのしさ(5) 熊沢復六
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年8月1日

山旅のたのしさ(5) 熊沢復六

 このときの山旅には、もうひとつ景品がついている。さきにのべた、沖見峠から大台ケ原へ通じる道から、百メーターばかり下、大杉谷の谷底から三、四百メーターほど上の断崖を、今、屋鷲から大台の辻へ、林道の開発工事がすすめられている。私は、尾鷲営林署の好意で、千尋事務所に泊めてもらったが、たまたま工事主任のKさんから、「爆破作業のとき、岩盤と土層との問から、こんなものが出てきました」と言って、山刀らしいものを見せられた。
 長さは六四センチ、刀身のいちばん巾の広い部分が、蛤形に両面にふくらみをもち、握りの部分に近づくにつれて細くなっている。そして握りの部分に小さい穴が二つあり、その端は尖っていないで、かえって広くなり、六ミリくらいの厚みがある。勿論、鉄器ではあるが、すでにかなり腐蝕していた。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る