共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 歴史の底に光るもの(3) 亀井勝一郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年8月7日

歴史の底に光るもの(3) 亀井勝一郎

 名僧には多くの著述、伝説、遺趾などがあり、またそれがなくては彼らの業績を語りえないけれど、何ものをも残さず、ただ念仏の一声だけで、歴史の中に消えて行つてしまつた無数の人々がゐた筈で、彼らの信仰が、名僧の信仰より浅かつたなどとは言へまい。
 こんなことを考へながら歴史に接してゐると、精神の巨大な古墳の前に立つてゐるのと同様である。様々の資料があり、一応は明らかになつてゐるやうな事蹟すら、一歩その中へ足をふみ入れると、奥の方は無限に深い。万葉集の読びと知らずの一首でも、解釈は一応出来るが、さてそれをつくつた人の動機とか、それを唱和したときの表情とか音声を想像してみると、皆目わからないのである。しかもわからないといふことが、私たちの好奇心をそ々る。わからないものに対して、耳を傾ける態度を忘れてはなるまい。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る