共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 春の窓 笹澤美明
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年8月31日

春の窓 笹澤美明

春 の 窓
                笹 澤 美 明


暗い部屋の窓を開けると
明るい空が見える、
春という言葉には
そんなひびきがある。
だが、私にとっては
その窓はいつも病室の窓、
初春 早春 立春 浅春 陽春 晩春など
薬の匂いに満ちた部屋の窓ばかり。
窓を開けると
外にふんわりした 呆けた春があった。
だから今まで
山桜の下で会った幻のような美少年のことや
菜の花の蔭から昼の月を吹く牝牛について
遠火事の報らせをぼんやり聞いたりする
そんな詩を私は作って来た。
病気の窓から眺める景色は
軟体動物のような幾種類もの春、
骨のない春だった。
ただ一度、
森の梢に鴻の巣があって
ある春の日のある時刻に
白い羽に霞をからませながら
飛び立つ親鳥の姿を見た。
そのとき、何かきつい春の骨を
とっさに感じたような気がしたが――
そのことがあってから毎年の春、その頃、
私の窓は
明るい季節を迎えるために
開け放しにされる。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る