共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 日本の女のはだか(4) 高橋義孝
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年10月2日

日本の女のはだか(4) 高橋義孝

 この仏師は、一人や二人の女の裸を見たというのではなく、非常に多くの女の裸を見たにちがいない。いやあるいは、一人の女の裸体を見て、そこに無数の女体を同時に見てとったのか。あるいは、こういう想像も必ずしも不当ではあるまい、そもそも女を裸にして見たりなどしなかったのかも知れない。その道程はどうであろうと、この仏師がちゃんと日本の女の肉体をつかまえたということは動かしようのない事実である。
 この十一面観音をとみこうみしているうちに、これは観音であるどころか、売笑婦、遊女ではあるまいかと思い始めた。嚢の多い衣に覆われてはいても、脚にまつわりついた衣の部分は丸く前方へ突き出ていて、その他の部分は中へ抑えられ、くぼんでいるので、衣はほんのつけたりで、素裸、丸裸の女が立っていると思えばいい。ひょっとすると、左手の指が結んだ印も、衣はもとより、頭上に戴く十一面の観音の顔も無意味な、仕様ことなしのつけたりであったのかも知れない。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る