共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 日本の女のはだか(5) 高橋義孝
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年10月3日

日本の女のはだか(5) 高橋義孝

 たしかなことは、そこにひとりの日本の女が裸で立っているということである。
奈良の寺でこの観音像を自分の目で見たとしたら、これは単なる仏像にすぎず、以上のようなことは言う気にもならず、言えもしなかっただろう。偶々下半身が網目のぼかしの写真版になっていたので、襞の多い衣の下の両脚がにょっきりと外へ現れ出てきたのであった。
 写真は肖像画に及ばない。通念はそう言って安心している。ところが、この十一面観音像のように、味も素気もない平凡な写真技術が却って、ぼんくらの目には見えないものを見せてくれた。
 十一面襯音像は、近代のリアリズムをせせら笑って立っている。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る