共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > カイロ雑記(3) 北川冬彦
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年10月6日

カイロ雑記(3) 北川冬彦

 これらは人類文化の最古のモニュマンで、建造されてから数千年経つことを考えれば、大へんなものにちがいないが、一日まえに、アテネで高い丘の上に白くかがやくアクロポリスの神殿跡を見てきたばかりであるだけに貧相に感じたのであろう。かって、あのエジプトの高度な文明をつちかったナイル川もコンクリートの岸壁をもつ変哲もない川だった。
エジプト古代博物館は面白かった。ツーターカーメン王の墓(B・C 1354)は、そっくりそのまま遺っているのが発掘され、墓のなかの数々の遺物が陳列されてあった。瀬戸口氏が案内につけてくれた日本の女留学生がいうには、「この墓は他の王の墓より小さいので、墓荒しの目こぼしになったのです」と。この王のミイラの納められてある棺は、900ポンド余りの純金でつくられてあるそうで、ピカピカと文字どおり黄金色にかがやき、人目を惹いていた。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る