共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 浮世バンコ(1) 野田宇太郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年10月12日

浮世バンコ(1) 野田宇太郎

 夕涼みで団扇(うちは)をつかひながらのバンコ話はたのしいものであつた。
 夏になつても、今ではもう味はへない光景である。その愛惜のせゐでもあらう、ふとバンコのことがなつかしく思ひ出された。
 バンコといふ言葉は東京地方では耳にしないが、夕涼みなどで持ち運びの出来る縁台のことで、わたくしの故郷、九州筑後方面ではさう呼んでゐる。筑後柳河出身の北原白秋の仔情小曲集「思ひ出」にもバンコが出る。「柳河」といふ小曲の中に

 裏のBANKOにゐる人は、・・・・
 あれは隣の継娘(ままむすめ)
 継娘。

といふ一節があり、そのBANKOに白秋は「縁台、葡萄牙語の転化か。」と註記してゐる。また「NOSKAI」という小曲は

 堀のBANKOをかたよせて
 なにをおもふぞ。花あやめ
 かをるゆふべに、しんなりと
 ひとり出て見る、花あやめ。

で、バンコが出るからやはりこれも夏の柳河風俗詩。花あやめは俗にノスカヒと呼んだ売笑婦の隠喩である。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る