共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 思い出ひとつ(1) 竹中 郁
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年10月31日

思い出ひとつ(1) 竹中 郁

 三好達治君が亡くなったころ、わたくしの右腕は神経痛で、おくやみの手紙も碌すっぽ書けなかった。それが今日が百ケ日、右腕もらくになったので思い出の一つを書く。

 昭和二十三年の冬のはじめのような気がするが、京都へ来たからという知らせを受けた。宿は祇園の中村楼とある。
 中村楼といえば、端唄「京の四季」に二軒茶屋として出てくる、あの家だ。豪気なところへ宿ったものだ。明治大正時代には顕紳だけの宿った家だ。ひょっとして、三好君が三高時代に眤懇ででもあって宿にたのんだのかな。そんなことを思って、正午少し前に八坂神社の正門前のしずかな小路をのぼっていった。
 以前にもその前を通って大きな門構えをおぼえていたが、いざ足をふみ入れるとなると、気押されるくらいな門なり玄関なりである。二階へ案内されると、東側の庭に面した大きな部屋である。明治中期の普請とみえたが、天井も高く、まだ炭の不足のころとて、寒かった。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る