共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 思い出ひとつ(2) 竹中 郁
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年11月1日

思い出ひとつ(2) 竹中 郁

 三好君は二人の女性と一しょにおそい朝食をとっていた。或は朝昼兼帯かもしれなかった。早速わたくしにも昼だから食べろ、といって、いなやもなしに仲居にいいつけた。
 二人の女性は一目みて色町の人とわかるいでたち、実の姉妹のようにもみえるし、いわゆる色町でいう姉芸者妹芸者のようにも受けとれた。その衣裳や口ぶりから、すぐ京の芸者ではない、こりゃ三国から連れてきたと知れた。
 こちらもたずねるわけでなし、三好君も紹介らしいこともしない。それにしても、中村楼といい、二人の芸者といい、戦後の窮乏の中で不安な日々を送っていたわたくしの目には、どう受取っていいのか戸まどった。
 いくら三好君の本のでる度数が多いといったとて、その印税が入るといったとて、不思議に思えた。尤も三好君は焼け出されたわけではないから、その持物を金に換えることができるし、などと下司な推量をして見つめていた。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る