共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > ある絵とその作者(2) 斎藤玉男
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年11月8日

ある絵とその作者(2) 斎藤玉男

 こうした出生環境、こうした12人(!)の同胞と頒ち合ったドン底の生活は一つとして彼の精神発達を歪めずにはおかなかった上に、更に歪みを強調し潤色するようにそれと纏れ合う2回の感化院入り、4回の精神病院収容、4回の反社会的行動tその半面に社会の側からの不祥な干渉でもある2回の軍役召集と1回の被動的同性愛強要……
 但しここで環境事情の過重評価に眩惑され了っただけでは事柄の実態に迫ることにはなるまい。彼個人の特異事情としては、先づ心霊術的耽溺の傾向(26才から32才に至る占星術師生活と電磁気治療所の経営)と、これと聊か方面違いではあるが貧民救済活動(41、2才)が挙げられてよいであろう。
 彼が初めて画刷毛を手にしたのは37、8才精神病院入院中のことで、手ほどき役は画心の多少ある同室の入院者であった。即ち判然と晩学、独修、自成の画歴であり、作品は49才頃には百点に近くなった。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る