共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 教会と私の音楽(5) 大中恩
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年11月17日

教会と私の音楽(5) 大中恩

 日曜学校が終る時、いつも此の二行の横文字の歌をうたう。勿論その意味も、個々の単語さえ知らないのだ。要するにこれを歌うと日曜学校からさよならをするのだ。阪田氏の家に、ちょっと耳のとおい河内のほうから来たばあやさんがいた。此のばあやさんがその歌をききおぼえて、みょうなふしまわしで歌ったものだ。「びいおおれす かんだんつるう」はそのばあやさんの作かもしれない。
此の曲を演奏をするに当っておかしなことになった。原語とはおよそ縁遠くおかしく歌いたい「びいおおれす……」のほうが却って本ものの英語にきこえ、「Be honest king and true」の横文字をみて歌おうとすると、一向にそれらしくきこえないというわけだ。喜劇どころか全く悲劇であった。


  「牧師さんの女の子」
 牧師さんの女の子は
 フリョウだと みんながいった
 フリョウはフリョウでも
 フリョウがちがう
 冬のまちで
 牧師さんの女の子にあった
 女の子は 僕をにらんだ
 僕は ほんとに つらかった
 その晩 僕は かぜひいた



共立荻野病院コラム一覧へ戻る