共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 光明の后と鑑真和尚とリビドゥ[上]-7 斎藤玉男
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2017年11月30日

光明の后と鑑真和尚とリビドゥ[上]-7 斎藤玉男

 これ等の中、西域から来た(朝鮮生れとも言う)如宝が招提寺金堂を二十五六歳(三十過ぎてとも言う)で建てたと「招提千載伝記」では言う。この入は後年鑑真から具足戒を受け、下野薬師寺の戒師となった。彼は大和尚の遷化に際し法載義静の二先輩と並んで後事を託されたのみか、次の弘仁朝の招提寺座主をも長く(四、五十年と言われる)勤め、教説と建築を兼ねた異才であった。
 次に挙ぐべきは東南アジア出身の軍法力である。彼は招提寺講堂の優れた仏頭の作者と推定されて居り、その手法にはインド彫刻の血脈が流れて屠ると言われる。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る