共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-09 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年1月31日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-09 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

忙しい現代人、実は30~40%が「隠れぜんそく」。
知らぬ間に重症化していることも

 少しでも気になるところがあるのならば、はたしてそれが隠れぜんそくであるのか否か、次の項以降を参照し、自身の症状、あるいは気になる人の症状と照らし合わせてみてください。
 そして、隠れぜんそくの疑いがあると感じたならぼ、すぐにでも医師の診断を仰ぐようにしてください。
 また、自分がぜんそくだとわかっているのであるならば、隠れたままでぜんそくをやり過ごそうなどと考えず、ただちに治療に取り組むようにしてください。

 何度も繰り返しますが、ぜんそくを患っても、適切な治療を受ければ必ずよくなることができるのです。治療をきちんと続ければ、一生、発作とは無縁の生活が送れるのです。ぜんそくで怖いのは発作です。発作と無縁の生活を送るためにはまず、自分がぜんそくであるという自覚を持たなくては始まりません。隠れたままでいるのではなく、積極的に立ち向かう姿勢を見せましょう。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る