共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-15 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年2月14日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-15 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

こんな症状があったらぜんそくを疑え

 さらにぜんそくの症状で、知っておいてもらいたいことがあります。
 それは、実はぜんそくという病気は、発作が起きていないときは「なんともない」ということです。
 ぜんそくの症状は、発作時と非発作時の差が激しいという特徴を持っています。ぜんそくは、発作が起こったときには、つらくて苦しい思いをします。しかし、発作が起こっていないときは至って普通。仕事も家事も運動もいつもと同じようにできますし、自覚症状はほぼないに等しく、苦しくもなんともないのです。
「ときどきひどい咳が出たり、息が苦しくなることがあるけれど、普段はなんともないから大丈夫なのだろう」
 このように考え、病院に行くことすらしないという人は多くいます。それが、ぜんそくの大きな落とし穴です。
「なんともない」と思っているときでも、ぜんそく患者の気道は慢性的なアレルギー性の炎症を起こしています。知らず知らずのうちに誘因にさらされて気道が刺激されると、また突然の発作が起こります。こうしたことが何度も繰り返されているうちに、ぜんそくの症状がどんどん進行していき、悪化してしまうことがあります。「気づいたときにはかなりの重症になっていた……」という事態に陥らないためには、早期発見が肝心です。軽症のうちに治療がスタートできれぼ、それだけ負担も少なくてすみます。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る