共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-25 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年2月28日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-25 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

ぜんそくとまぎらわしい呼吸器の病気

・逆流性食道炎
 胃酸を含む胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜が炎症を起こす状態を逆流性食道炎といいます。とくに高齢者に多い病気です。粘膜のただれや潰瘍が生じ、ゲップや慢性咳嗽(がいそう)、咳き込み、胸焼けや胸の痛み、咽頭部の不快感などの自覚症状があります。胃酸に刺激されて咳が出る、早朝にのどのあたりに違和感を覚えるなどの症状が、ぜんそくと似ていてまぎらわしいところ。判別には、内視鏡検査などが有効です。

・過換気症候群
 過度の緊張やストレス、不安などが引き金となって過呼吸が起こり、手足のしびれや突っ張り、動悸やめまいなどが起こります。症状が出ることでさらにパニックになり、ますますひどくなる場合が多く、胸の痛みや呼吸困難、けいれんなどが起こるほか、意識混濁の状態に陥ることもあります。浅く早い呼吸が繰り返される過呼吸発作が起こると、血液中の炭酸ガスが著しく低下して、体液のバランスが崩れます。このとき血液がアルカリ性に傾き、呼吸性アルカローシスになるために、さまざまな症状が表れると考えられています。紙袋を口に当てて、自分の吐く息で呼吸をするとCO2が上昇し、それが血中に反映して症状は改善します。血液ガスの炭酸ガス分圧を調べることで、ぜんそくとの見分けができます。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る