共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-28 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年3月5日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-28 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

他人のたばこや香水の匂いが異常に気になる人も要注意

 ところで、大人になってから花粉症になった人が「これまでは耐えてきていたのだろうが、今まで吸ってきた花粉の量が自分の許容ラインを超えてしまった」などと言ったりするのを聞いたことはないでしょうか。
 この解釈は、あながち間違いではないようです。そのことをイメージしてもらうとよりわかりやすいと思うのですが、大人になってから初めて成人ぜんそくを発症する人の中には、もともとはアレルギー体質でなかったものの、長年、排ガスやPM2.5など汚れた空気の中で過ごし、花粉や化学物質などの抗原にさらされ続けていたせいで、気づかぬうちに体質が変化し、アレルギー体質へと移行している人も増えてきているといわれています。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る