共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > ポルト観光(98)第6章 帰国へ  §2 ヘルシンキ空港⇒セントレア⇒浜松 影山喜一
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年3月7日

ポルト観光(98)第6章 帰国へ  §2 ヘルシンキ空港⇒セントレア⇒浜松 影山喜一

留守番中のナノ・リュック
留守番中のナノ・リュック

 昔と180度違ってCAの待遇は、表面の華やかさと裏腹にあまり芳しくないと聞いている。採用後、しばらくは契約社員という扱いが続くらしい。年収も200万円ぐらい。海外勤務となれば憧れのパリ・ロンドン・ニューヨークに無料で行けるのが恩典とか。しかし、仕事で滞在するわけであるから自由行動がどの程度許されるのか、まして安月給となると女性雑誌の煽る豪遊も難しいのではないか、と局外者はつい穿った見方をしてしまう。国際線のベテランでは年収も500万円を越えると噂されるので、セレブとまで行かずとも経験含みで優雅に過ごせるかもしれない。それはともかくフィンエアーの場合、他社に勤務したCAが多いと情報通は語っている。修羅場を潜ってきた彼女たちであるが故に、気持ちのよいサービスを与えてくれると考えるべきか。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る