共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-36 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年3月15日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-36 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

総合病院でも見逃される可能性は高い

 また、どこかが悪いとわかっているけれど、どこが悪いかわからない。そういうときには総合病院に行けばいいという声もよく聞きます。しかし、こうしたことは個人クリニックだけでなく、総合病院でもよく起こり得るケースで、総合病院に行けばすぐにすべてが解決するというわけにいかないというのが実情です。総合病院には小さな病院には置いていない機器も揃っており、さまざまな検査が受けられます。循環器科でわからなかったら消化器科へ、それでもわからなかったら呼吸器科へ……などのように、科を移っていくことも可能です。しかし、いくら機器が揃っていても、その検査が必要であると判断されなければ、当然検査はされません。科の連携システムというものもまだきちんと確立されてはおらず、連携があまりうまくいっていない総合病院もあり、一つの科を受けて病名がわからなかったらそこで終わり、ということも珍しくはありません。とはいえ、最近は、現代医療があまりに専門化、細分化されすぎてきた点を反省してか、多角的な診療を行うための総合診療科を備えたり、科の連携をスムーズにするための態勢を整えている病院も増えてきている嬉しい事実もありますから、今後に期待ともいえます。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る