共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-38 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年3月19日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-38 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

専門医でもぜんそくを正しく理解していないところがある

 ぜんそくの典型的な症状の一つである、ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴。ぜんそくというと、この「ゼーゼー、ヒューヒューと苦しそうにあえぐ姿」を想像する人は多いと思います。しかし私は、皆さんがこのイメージにとらわれすぎているのではないかと、多少の危機感を覚えています。というのは、患者側はもとより、一般の内科医、さらには呼吸器・アレルギーの専門医の中にまで、本当はぜんそくを患っているにもかかわらず、「ゼーゼー、ヒューヒューという音がしないからぜんそくではない」と誤解してしまうケースがあるからです。
 喘息の症状は実に様々で、典型的な症状がそろっていないぜんそく患者も台勢います。しかし、固定観念が邪魔をして正しい診断が下されない。そのようなケースはたくさんあるのです。中でもとくに見過ごされてしまうことが多いと感じているのは、「胸痛ぜんそく」です。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る