共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 桜 平成25年の桜 桐村俊一郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年4月6日

桜 平成25年の桜 桐村俊一郎

三月二十三・二十四日東京、亡き友のお蔭(偲ぶ会)で満開に遭う

  水暗く豊かにうねる墨田川堤の桜今咲き満ちぬ

  揺れゆれてスカイツリーの秀の影は彼岸を歩む我を追い来る

  花見むと言間橋に集ひ来る老いも稚なも心せかれて

  日曜の人出もさわに北ノ丸の園地に仰ぐ満開の花

  靖国の公孫樹並木の奥処こそ人を迎ふるさくら花影

  外堀の堤の花に酔ひゆけば足下を中央線の行き交ふ


四月八日、石山寺、この地に同期入社の集い

  石山の花は嵐に半ば散り半ば残りて日にかがよへり

  瀬田川の春を高みに眺むれば去(い)にし三十年(みそとせ)夢と思ほゆ


四月十二日、吉野山。上千本も大方散る

  花あらむと上千本を恃み来て吉野の峯にあふるる人出

  花残る木下に開く弁当の中に散りこむ二ひら三ひら

  坂道を辿るわれらを慰むる水分(みくまり)神社の枝垂れ桜は

  金峰まで登りつめたる老いの身を茶屋に養ふこの胡麻豆腐


四月十四日、高遠の桜まつり

  高遠の城跡満てる桜木の花ははだれに散り敷き初むる

  小彼岸のよじれて上る高枝に花咲き満ちて空を覆へり

  見渡せば谷の桜の彼方なる南アルプス雪深みかも

  落城の怨み鎭もり高遠の血染めのさくら朱を薄めつつ

  杖突の峠に登る山かげの血染めの桜見る人もなし


六月二―六、七日 道南。叔母の手術に付き添い(伊達日赤病院)

  登別汐見の坂の人重櫻左右の並木くれなひに満つ

  人重桜散り敷く土に風吹けばなほ散りかかる伊達の街蔭

                          2013/4 (完)



共立荻野病院コラム一覧へ戻る