共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-53 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年4月10日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-53 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

●ぜんそくの診断に必要な検査の数々●

〈皮膚反応テスト〉
 血液検査と同様に、特定のアレルゲンに対してアレルギー反応が起こりやすいかどうかを調べるための検査。スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テストの3種類があり、それぞれ異なるやり方で疑わしいアレルゲンエキスを皮膚に付け、その反応を調べていきます。スクラッチテストは、針で皮膚を軽くひっかいて、アレルゲンと疑われる物質のエキスをたらした後に反応を見ます。プリックテストは、アレルゲンエキスをたらした後、針で皮膚を浅く刺して反応を見ます。皮内テストは、アレルゲンエキスを皮内に直接注射して反応を見ます。いずれのテストでも、かゆみや腫れが一定以上強く出た場合に、その物質をアレルゲンと特定することができます。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る