共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-54 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年4月11日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-54 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

●ぜんそくの診断に必要な検査の数々●

〈好酸球数検査〉
 痰や鼻汁を採取し、内部に存在する好酸球の数値を測定する検査です。気道の炎症を調べるために行います。好酸球とは、白血球の一種。ぜんそく患者の気道の組織で増えるという特徴があります。検査で好酸球の数値が高いと出た場合、気道の粘膜に炎症が起き、気道過敏性が高まっていると考えられます。痰が出ないときには生理食塩水を使って誘発することも。鼻汁を使って検査する場合、その数値だけではほかの抗原によるアレルギー性鼻炎と識別することができません。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る