共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-56 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年4月13日

止まらない咳、軽い息切れが重病のサイン 医師も見逃してしまう「隠れぜんそく」が激増-56 佐野靖之 「隠れぜんそく」-02章 発売元 株式会社 幻冬舎より

重症度を見極めづらいのがぜんそく治療の恐ろしさ

 ぜんそくの発作というのは、少し咳き込んでハアハアするぐらいで治まる軽い症状から、息が詰まって声を出すこともできないという重度の症状、さらには失神や意識混濁にまで陥るほどの重篤な症状まで、いくつものレベルがあります。また、発作の頻度も月に1~2回あるかないかぐらいという人から、ほぼ毎日発作が起こるという人までさまざまです。症状の度合いがこれほど違うのですから、当然、ぜんそくの治療も画一的ではなく、その症状によっていろいろと変わってきます。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る