共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > ドナルド・キーン著 「百代の過客 日記に見る日本人」 桐村俊一郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年4月20日

ドナルド・キーン著 「百代の過客 日記に見る日本人」 桐村俊一郎

1. 進みゆく緑内障に新聞は妻に渡して幾年を経し

2. テレビありウエブある世に寅彦の新聞無用論肯ひてをり

3. 両眼の白内障の手術より手許はさらに見えずなりけり

4. 乾き眼に劇しき薬を差し継げば角膜に傷生れて痛む

5. 春長けてわが読みたるは贈られし句集と歌集二三なりけり

6. 本読まぬ日を重ねれば空しくて生きる甲斐とてありとおぼえず

7. 梅雨空に書架より抜きし一冊を心許なく開いてはみる

8. 腰痛に寝転び開くべージには部屋に射し入る光を受けて

9. 一字づつヘッドル-ぺで追ひ行きてハンドル-ペも重ねる字あり

10. 昼かけて根をつめても遅々として二日かかりし序文宜しき

11. 慈覚より聖謨まで千年の日記に探る日本の心

12. 誠実に歴史を生きた人々の個性に惹かれはかどり始む

13. 英文を佳き日本語に訳されし金関寿夫半年の労

14. 貫之の歌論数ある「土佐日記」されば読みたき老学徒なり

15. 親王や天皇の寵その重さ和泉式部と二条に量る

16. 後鳥羽院定家を語り為家の阿仏尼語る日記もがもな

17. 捉はれぬ公条、武女、長嘯子の日記の旅の人懐しき

18. 多賀城の石碑に芭蕉感得す文の生命久遠の記念

19. キーン氏の「終わりに」「日記作者こそ百代の過客永遠の旅人」

20. 病む眼もてかくも豊かな書を読みし喜びに見る立待の月

                              2016/8



共立荻野病院コラム一覧へ戻る