共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > ダーウインの自然淘汰の正しさに創造神の玉座危ふし 桐村俊一郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年4月27日

ダーウインの自然淘汰の正しさに創造神の玉座危ふし 桐村俊一郎

1. ダーウインの自然淘汰の正しさに創造神の玉座危ふし

2. 地動説進化論以後人類も神の執事の地位を失ふ

3. ヒトの子のいたく未熟に生れるは発育続く脳の故とそ

4. 行動も遺伝に帰する学説は差別社会を正当化する

5. 生れつきの犯罪者説く旧説のサイコパシーに甦りつつ

6. 吾子の絵の上達せしや「山門」と「タリン春景」美しく見ゆ

7. チャリティーの絵画展にて拙くも小品売れて吾子は嬉しき  (9/10)

8. ジヤズダンス五十路に習ひ初めし妻傘寿の秋の最後の舞台  (9/26)

9. 乳がんの術後の妻の初舞台師の栄光のフェスティバルホール  (11/10/90)

10. 幾星霜師も弟子も老いお別れの寂しきショーに観客優し  (9/26)

11. 大鞄に舞台衣装を持ち帰り妻機嫌よき}生の区切り

12. 雨後の陽に秋を求めて中山の尾根へと上る径見失ふ  (9/28)

13. 灌木に縄りて登る中腹は身の丈ほどの歯朶のジャングル

14. 喘ぎつつ這ひ登り行く汗の身に梢の風の清しく寂し

15. 耳元に荒き鼻息猪の疾風のごとく山下り行く

16. 辿り着く見晴らしのなき頂は人跡絶えてただに静もる

17. ゴプゴプと水の音するそこかしこ根方の土の雨を飲むらし

18. 暮れ迅くひたすら下る崖尽きて小径に遇ふや堰堤見ゆる

19. この高き砂防ダムこそ幾度も尾根へ登りし道しるべなり

20. 沢に沿ひ足笑ひつつ下り行く径は小笹の海に覆はる

21. わが窓に姿宜しき向井山あの頂に登り得たりし

                               2017/10



共立荻野病院コラム一覧へ戻る