共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > ――鳴風20首詠―― 夏鳥の歌 川西 桐村俊一郎
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年5月7日

――鳴風20首詠―― 夏鳥の歌 川西 桐村俊一郎

硝子戸を開けて夜具干すベランダに初音めでたき鶯の歌

朝に日に鶯聞けばわが宿の春から夏はこころ豊けし

朝な朝な雲雀の声に目覚めてはせはしき歌にしばし聴き入る

間を置きてヒ-と優しく鳴きつづく虎鶫来ぬ新芽の山に

鵺と謂ひ真夜に鳴くとふ虎鶫の昼山に呼ぶ声紛れなし

薄明の山より谷に寂しさの静かに満ちてトラツグミ鳴く

長く引く抑揚凄きアオバトを初めて聞きぬ終のひとふし

録音の友を慕ひて呼びに来し彼のキジバトぞあの歌ひ癖

朗らかな三光鳥の声たちぬ海渡り来し面影愛し

初声を聞きて嬉しやホトトギス頼み過ごさむ今年の夏も

ホトトギス時を分かたず啼く声にいつ眠るかと思ほゆるかも

闇に暗く子規居り丑三つに梟鳴きて真夜も親しき

高鳴きの合間に低く小綬鶏はピュ-ウピュ-ウと誰を呼び継ぐ

思ひきやコジュケイに歌の下手もありたどたどとして稽古に励む

青ゲラはピュオピ-ピュオと呼ぶ声を空に残して何処へか去る

冬も居る鵯(ひよ)は林の主なるを渡りの鳥に遠慮は見えず

けたたましあれも鵯かと妻に訊く持ち歌幾つなべてやかまし

鶯の声遠くなり子規を聞かぬ日はなし托卵のすゑ

鳴き交はすアカショウビンを窓に聞く霧雨の降る高原の朝

高山のねずこの森は雨にけぶり誰ぞコガラと鳴くあの鳥は

                            2014/7



共立荻野病院コラム一覧へ戻る