共立荻野病院コラム詳細
TOP > 共立荻野病院コラム一覧 > 現代人がぜんそくになる原因とメ力ニズム-15 佐野靖之 「隠れぜんそく」-03章 発売元 株式会社 幻冬舎より
  • 診療科目一覧
  • 内科
  • 胃腸科
  • リウマチ・膠原病科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 診療時間
  • 月〜金 午前9:00〜午後12:00
    午後3:00〜午後6:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 月〜土 午前9:00〜午後4:00
    日曜・年末年始・夏季(3日間)
  • 月〜金 午前9:00〜午後5:00
    土・日・祝日・年末年始・夏季
    (3日間)
  • 院内のご案内
  • 医師紹介
  • 共立荻野病院デイケアセンターフラミンゴ
  • 住宅型有料老人ホーム プメハナ

2018年5月17日

現代人がぜんそくになる原因とメ力ニズム-15 佐野靖之 「隠れぜんそく」-03章 発売元 株式会社 幻冬舎より

乳児湿疹や激しいおむつかぶれから小児ぜんそくへ

 アレルギー体質の人の中には、例えば、子どもの頃から食物アレルギーがあり、大人になってから花粉症にかかり、今ではぜんそくにもかかっているというように、一つのアレルギー性の病気だけでなく、次から次へとさまざまなアレルギー性の病気にかかるという人がいます。こうした現象を、「アレルギーマーチ(アレルギーの行進)」といいます。
 アレルギーマーチは、アトピー型ぜんそくが9割を占める小児ぜんそくの患者によく見られる現象です。小児ぜんそくの大半は1~2歳ぐらいまでに発症することが多いのですが、アレルギー体質を持っている子どもがぜんそくにかかる場合、生後すぐ、0~2カ月頃に乳児湿疹が出て、その次にアトピー性皮膚炎を発症し、そして、その後にぜんそくを発症するというケースが非常に多く見られます。アレルギーマーチはぜんそくにかかってからも続き、6歳頃になってからアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などの症状が出てくることもよくあります。



共立荻野病院コラム一覧へ戻る